bz0のにっき

quick and dirty prototype

勉強方針

勉強方針

・地道にやっていくしかないので焦らない / でも1日1日着実に進める

・ツールの使い方等は時間経過で、新しいツールがどんどん出てくるので使えない情報になっていきがちだが
 考え方については陳腐化しづらい。

・勉強したことを普段の作業にフィードバックして改善していく
 ・結局業務にフィードバックできない場合、使わなくて勉強しなくなる→忘れる→無駄ではないがコスパ悪い
 ・レガシーな環境でやらざるを得ない場合、他の会社での仕事に適応することが出来なくなっていくので
  個人サービスを作る/ 勉強時間を確保していけるようにする(残業をなるべくしないように業務改善)

・webエンジニアとして、どこでも生きていけるだけの技術力をつけたい
 →選択肢を増やしたい(辛いときに転職できる/自信がつく)
 ・言語やツールの開発・運用経験の広さは、転職時に役に立つはず。
 ・今やっている業務外の技術は深堀りしていくより浅く広くやっていき対応できる範囲を広げる。
  また、客観的に「やっているな」と思われるようにインプットだけでなくアウトプットしていくようにする。

・得意分野を作っていきたい(自分の強みはどこ?に答えられる)

・勉強してても、自分の技術レベルが上がっているか分からなくなる / 全然できなくて辛くなるので
 何かしら進んでいっている実感が持てるようにするのもメンタルの安定によいのではと思う。

 ・1ヶ月単位に目標を立てて、勉強する
 ・1週ごとに小目標を立て、週末進捗の見直しをする
 ・目指したい年収で募集かけてる会社でどの程度のレベルが求められているかを把握する
  その会社で自分が仕事できるビジョンが明確に見えるか / 技術ブログで書かれている内容を自分が理解できるか?

・劣等感で辛くならない
 いまさらこんな事やっているのか?とか思わずにやる。気にしない。

・何を勉強するかの優先順位

 ・業務へのフィードバックが優先=今の仕事で結果を出すことが最優先
  それで金を稼げているわけではあるので。今の仕事で結果が出せれば、次の仕事に結びつきます。
 ・そこから派生して、出来ることを増やしていく。
 ・業務をしていく上での課題の洗い出し→改善策をいくつか→試しに勉強

目的

・「転職できる」という自信を持てるようになる
・カバーできる範囲を広げてできる仕事を増やす / 自分の得意領域を作る

設計

インプット

・よくある設計パターン / アンチパターンの把握
 

アウトプット

・ブログ記事
・要件→設計・プログラミングに落とし込むときに考えるポイントを明確にする

Linuxサーバ構築/運用

インプット

・様々なLinuxOS系でコマンドの違いを把握する
・コマンド
・よく行うことがある作業を見直し(もっとよくできないか)
・運用上おきた問題点の改善
 

アウトプット

・ブログ記事
・業務へのフィードバック

プログラミング

インプット

・主にPHP
デザインパターン
フレームワークを活用した開発 / フレームワークの仕組みの理解 / ライブラリのコードリーディング
Ruby,Go,Node / 構築・運用経験を作る
・CI / テストを習慣化する→リリース後の不具合を減らす / 機能変更後、不具合にすぐ気付ける

アウトプット

・ブログ記事
OSS(既存のライブラリ等へのプルリクエスト / 自分でライブラリ作る)
・勉強会でのLT?
・業務へのフィードバック

DB

インプット

MySQLの機能を知る(主に業務で触るので)
MariaDB / postgreSQL / Redis 構築・運用経験を作る
・DB設計 / モデリング
 

アウトプット

・ブログ記事
・要件→設計・プログラミングに落とし込むときに考えるポイントを明確にする
・レビュワーを立てて、都度チェックしてもらって改善していく形を作りたい
・業務へのフィードバック

フロントエンド

インプット

・今後よく利用しそうなツールでの構築/運用
 ・typescript
 ・vue / react
 ・es6

・よく行うことがある作業を見直し(もっとよくできないか)
・運用上おきた問題点の改善
 

アウトプット

・ブログ記事
・要件→設計・プログラミングに落とし込むときに考えるポイントを明確にする
・レビュワーを立てて、都度チェックしてもらって改善していく形を作りたい

個人サービス

・サービス作ってリリース(月1本目標)
・金稼げるサービスを作る